近頃、育児が楽しいぞ♪

子育てにストレスを感じていた毎日。 ところが、最近育児が楽しくなってきた♪♪その秘密は・・・? ☆☆子供の能力を伸ばすには?賢い子に育てるには? チルドレン大学でお母さんが学んでま~す☆☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画の感想

にほんブログ村 子育てブログへ

子供達だけで実家にお泊まり行った週末
久しぶりにのんびりとビデオを見ました
興味深い映画でした

インビクタス / 負けざる者たち Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)インビクタス / 負けざる者たち Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
(2010/07/14)
モーガン・フリーマン、マット・デイモン 他

商品詳細を見る


「インビクタス」
反体制活動家として長きに渡って投獄された後、
南アフリカ共和国の初の黒人大統領となった
ネルソン・マンデラ氏
当時、南アでアパルトヘイトの象徴的スポーツだった
ラグビーが白人と黒人の和解と団結の象徴となると考え、
低迷していたチームをマンデラ氏は励まし、後押しし、
ついには・・・



このストーリーの中で、印象に残った
ラグビーチームのキャプテンに贈る詩があります
マンデラ氏が投獄されていた時に
勇気づけられたという詩です

..............................................................................
Invictus                   

Out of the night that covers me,
Black as the pit from pole to pole,
I thank whatever gods may be
For my unconquerable soul.

In the fell clutch of circumstance
I have not winced nor cried aloud.
Under the bludgeonings of chance
My head is bloody, but unbowed.

Beyond this place of wrath and tears
Looms but the Horror of the shade,
And yet the menace of the years
Finds and shall find me unafraid.

It matters not how strait the gate,
How charged with punishments the scroll,
I am the master of my fate:
I am the captain of my soul.

by William Ernest Henley    →wikipediaより
..............................................................................

最後の2行

I am the master of my fate: 私は私の運命の支配者であり、
I am the captain of my soul. 私は私の魂の指揮官なのだ

この言葉を聞いた時、子供達の事を想いました

自分の人生の主役は自分であり、
自分の魂は何者にも侵されたりしない

当たり前の事かもしれないけど、
例えば・・・、私を始めとする大人が、
子供達に興味の無い事やイヤなことを
拒否できない状況で、無理矢理させ続けたとすれば、
小さな子供は(大人でも)、
自分の意志を持つことを諦めたり、
諦めに慣れて忘れてしまったりするかも・・・

自分で考えない癖がつき、
簡単に支配されやすい人になるのかも・・・

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

先日、中学校教員の人から聞いた話しで、
授業について行けない子の一つのパターンとして、

「親にかまわれすぎて育った子」

というのを聞きました
何でも親が手を出して、
考える事までもやってあげた結果、
自分で意志決定も、思考することも
難しくなってしまった、
それか、しようとしないようなのです
それが、授業では、
「今、ここの勉強してるから、
 教科書のこの部分見てね」など、
懇切丁寧に(いちいちとも言う)指示しないと
わからない、ついていけない
・・・先生は大変なようです(^^;)

気をつけよう~と思います

「Invictus」 詩の朗読です↓



楽しく子育て♪一緒に学んでみませんか?
私が受講したチルドレン大学はこちらから→詳しく見る




↓あなたのポチッを励みにがんばりま~す♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村 続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

  1. 2010/11/22(月) 10:00:00|
  2. 母のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

口出さないで!

にほんブログ村 子育てブログへ

気がつくと、しばらく更新しておりませんでした・・・(汗)
そろそろ春ですねぇ♪


☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆


4月から新2年生になる長男
この1年でまた大きく成長し、できる事も増え、
もちろん体重も身長も伸びました
抱っこすると、さすがに重い~(>_<)です


ここ最近、(数ヶ月前から少しずつ感じてたけど)

「口出さないで!」

と、よく言われます

自分の事は自分で決める!だから口出さないで!

些細な事から大きな事まで、そんな雰囲気満々な時が増えました

そんなに口出してるかなぁ?
あぁ~、「こうした方がいいよ」とか
言ってるかも・・・

最初の頃は、私もそれでカチンと来る事もあったのですが、
あ、これって自立してきたって事か?
と納得がいきました

考えてみれば、これまで割と素直に親の意見を聞いてきた
というか、従わせるようにしてきたのかもしれません

それが、今、親の基準ではなく、自分自身の基準・判断で
物事を決めるように段々なってきたのでしょう

だから何かを決める時、純粋なアドバイスの域を超えて、
親の「こうさせたい」という下心が入ってしまうと
「口出さないで!」となってしまうのですね・・(^^;)


☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆


もう1つ、この1年程の間に長男に感じる変化は、
「口出さないで!」とも関係があるのですが、

大人が絶対的存在ではなくなっているという事

大人が言うことが、すべて正しい訳ではなく、
大人もずるかったり、間違ってたりする

その事に気づいているから、
親も、もう下手にごまかしたりなんてするのは難しいですね
っていうか、真摯に向き合わねば・・・!


これからまた、長男が何を感じ、何を考え成長していくのか、
ぶつかる事もありますが、その精神的成長が今は楽しいです♪



楽しく子育て♪一緒に学んでみませんか?
私が受講したチルドレン大学はこちらから→詳しく見る




↓あなたのポチッを励みにがんばりま~す♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

  1. 2010/03/17(水) 10:13:38|
  2. 母のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プチ親離れ

にほんブログ村 子育てブログへ

一年程前、長男の幼稚園の卒園式で
園長先生からこんなお言葉をいただきました
  →以前、書いた記事 「卒園式によせて(私の覚書き)」



  子供達はこれから幼児期から学童期に入ります。

  体も生活面でも精神面でも、
 
  自立をしていく時期です。

  その自立を助けていくのが親の役目。

  これからは、

  手を離して、目を離さずにいてあげてください。

  愛情を持って、手を離し、目だけ離さず、

  見守ってあげてください。

  色んな事にチャレンジさせてあげてください。



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


この1年、幼児期から一番変わって、私が驚いたのは、

親子で過ごす時間の少なさ

もちろん、学校が終わる時間が幼稚園より遅いのもありますが、
放課後、まず、息子が家にいない
遊びに出かけ、いつも帰宅時間ギリギリに家に駆け込んできます
家で遊ぶ時は、お友達をよぶ時

なので、私と一緒に過ごし、何かをしたり、作ったりという時間は
幼稚園時代に比べて、ずいぶん減り、
ちょっぴり寂しいような気持ちになったりもしました

これも、「手を離す」という事の一つなのでしょうか
私から手を離さなくても、子どもはどんどん進んで行き、
それを後ろから見ている感じですが(^^)

とは言っても、まだ1年生なので、行きつ戻りつ、
甘えたい時は「抱っこ~♪」と言ってきたり・・・

小学校入学は「プチ親離れ」&「プチ子離れ」の
始まりなのかなぁと思いました

これからは、もっと離れていく、
手を離していくんですよね!
(と、自分に言い聞かせる)


●「きょうのしゅくだいは、"だっこ"です。」
 こんな宿題あったらいいですね♪
 あと何年"だっこ"できるかな?低学年のお子さんにどうぞ♪
しゅくだい (えほんのマーチ)しゅくだい (えほんのマーチ)
(2003/09)
宗正 美子いもと ようこ

商品詳細を見る


楽しく子育て♪一緒に学んでみませんか?
私が受講したチルドレン大学はこちらから→詳しく見る




↓あなたのポチッを励みにがんばりま~す♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

  1. 2010/02/10(水) 10:00:00|
  2. 母のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今年もよろしくお願いします

にほんブログ村 子育てブログへ

2010年が始まり、半月がたちましたね
遅ればせながら、今年もどうぞよろしくお願い致します
皆様にとって、この1年が素敵な年となりますように!




You're my life's one Miracle...(略)
...You're the reason I was born
Now I finally know for sure

思わずウルッときました(T_T)
もしかしたら子供を持つと
一度はこんな気持ちになるのでは?

・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

子供達の3学期が始まったら(北国の冬休みは長いのだ!)
またブログ更新していきたいなぁ(希望(^^;))と思っています
今は子供達との時間を楽しんでいます!!



楽しく子育て♪一緒に学んでみませんか?
私が受講したチルドレン大学はこちらから→詳しく見る




↓あなたのポチッを励みにがんばりま~す♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

  1. 2010/01/14(木) 15:00:00|
  2. 母のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「評価を急がない」

にほんブログ村 子育てブログへ

以前、長男が学校で、
お友達を泣かせたり、ケガをさせてしまったりして、
先生から連絡が2,3回続いた時がありました

そんな時、たまたま行った夫の実家で
夫が息子の事で「最近、こんな事ばかりして困ったなぁ」
という内容の話しをじいちゃん(義父)にしたら、

「評価を急ぐな」

と言われました

「まだ、小学生になって半年ちょっとだろ。
 良い、悪いを急いで評価するな。
 もっとゆっくり育ててやれ」と

そばで聞いていた私も、うなずいてしまいました
私も感じていた事だったからです

つた紅葉


長男のお友達やクラスメートの中には、
困ったなぁと思うような子達もいます

ウソをつく子
すぐに手足が出る乱暴な子
いじわるな事を言う子・・・

1学期の頃は、そういう子達の中で息子も困る事があったり、
私も腹立たしく思ったりする事もあり、
「困った子」と決めつけていた所がありました

2学期になって、またその子達が家に遊びに来るようになり、
以前とは変わってきた事に気がつきました
少しずつ学び成長しているんですね

その場その時だけを見て、子供を評価していた自分を
はずかしく思いました

狭い視野で、良くない部分だけが目について、
他の部分を見ようとしていなかったのもあるかもしれません

どの子もちゃんと伸びてゆく
可能性を持っているんですもんね
それを今だけを見て、「この子はこういう子」なんて
決めつけてはいけないんですよね
私には、もっと広い心と長い目線が必要そうです
成長を信じて、長いスパンで子供を見守って
いきたいなぁと思いました
自分の子も、他人の子も



「評価を急がない」



反省を込めて、忘れずにいたい言葉です

楽しく子育て♪一緒に学んでみませんか?
私が受講したチルドレン大学はこちらから→詳しく見る



↓あなたのポチッを励みにがんばりま~す♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

  1. 2009/11/13(金) 10:00:00|
  2. 母のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

宿題は「学校のため」!?

にほんブログ村 子育てブログへ

長男が小学校に入学した当初から、

んん~~~~~~~

と唸ってしまう事の一つ

『毎日の宿題』

私にとっても、んん~~~~~~だし
息子にとっても、んん~~~~~~なのだ


学習習慣をつけるために毎日プリントが1枚配られる
例えば、

あいうえお あいうえお あいうえお ・・・・・

と繰り返し繰り返し書いたり、

5+2=  、3+7=  、9-5=  ・・・・

という問題を何十問と解いたり・・・・


長男は、なかなかやる気がでないらしく、
いつも、後回しにして、
しょうがな~い感じで始める

すでに習ってわかっている事を
何度もやる事に飽きているし、
頭をひねる必要のない問題には、
やる気も起こらないのが理由かな



ふと、「宿題は何のためにやってる?」と長男に聞いてみた

「学校のため」

と答えた

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆ *゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆


毎日プリントを作り、点検して下さる先生の努力と
確実に学力をつけさせたい、学習習慣をつけさせたいという
お気持ちには素直にすごいなぁと思うし
ありがたい事だと思う

もちろん、字の練習を何十回としたからって
無駄にはなっていないかもしれない
みんなと同じ事をやる
どんな単調な事でも努力する
社会に出れば、ある事だと思う


でもね


でも残念な事に、この半年位で
学校の授業、そして宿題を通して、

『勉強はつまらないもの』

に長男にとってはなりつつあるように、
私も(夫も)感じている

aquarium


これまで

『知るって楽しい!』

『学ぶって楽しい!』


子供達には、こう感じられるようにと
今まで、(特にチルドレン大学を受講してからは更に)
私も(夫も)工夫してきたように思う

無理矢理やらせるお勉強じゃなく、先取り教育じゃなく、
子供が興味を持った事は、難しそうな内容でも説明し、
体験できる事はしてみたり

子供達も『知ることの楽しさ』、
好奇心が満たされる喜びを味わっていると思う

これからだって、そうしていきたい

正直、学校の宿題・勉強と
どうつきあっていけばいいのか?

「勉強はつまらなくない」と
思ってもらうには?


そして、私の心のつぶやき
これまで、ドリルやワークでする勉強に長男が
興味がなかったので、違う方法を考えてきたのになぁ・・・
嫌々勉強しても・・・

宿題をやる時間があったら、
もっと他の事知る事ができるかもなぁ・・・

もちろん、家庭ではこれまで通り、
「知るって楽しい!」「学ぶって楽しい!」を
感じてもらえるように、過ごすつもり

でも、モヤモヤ

はぁ~、ジレンマ?
夫とも話しているんだけど、
まだ、どうしていいのかわからない・・・

何か良い解決方法はないかと
模索中の母でした・・・

読んでくれて、ありがとう☆

☆でも、「つまらない」と言ってられるのも
 1年生の今のうちだけだったりしてね・・(^^;)ハハ

楽しく子育て♪一緒に学んでみませんか?
私が受講したチルドレン大学はこちらから→詳しく見る




↓あなたのポチッを励みにがんばりま~す♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

テーマ:考える力・絶対学力を育てる「どんぐり倶楽部」 - ジャンル:育児

  1. 2009/10/30(金) 11:08:13|
  2. 母のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

『新型インフルエンザ』にかかってみて

にほんブログ村 子育てブログへ

連日、報道されている「新型インフルエンザ」ですが・・・
不安に思っている方も多いのかもしれませんね

「新型~」が大流行中の北海道在住の
我が家では、長男がかかりました
「新型インフルエンザ」って、どんな恐ろしい病気なのか!?
我が家の場合はこんなかんじでした

※お急ぎの方は、この「症状&経過」はスルーしてね!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「症状&経過」

10月のある日、小学校に登校すると、
「明日から学校閉鎖」との事

閉鎖1日目:夕方37.1度程度の微熱、2時間位で下がる
      「喉が痛い」と言い、その後夜にかけ咳が出始める

閉鎖2日目:喉の痛みはあるものの、午前中は元気
      昼頃から「寒い。だるい。」と言いだし、すぐに熱は38度台に
      念のため病院に行くと、やはり「インフルエンザ」
      タミフルを処方される
      食欲もなく、薬を飲み、その日は寝る
      最高体温39.3度

 他の家族は・・・少し喉が痛む

閉鎖3日目:熱は終日38度後半~前半、だるいらしく3度昼寝
      喉が痛く、食べられるのは水分とゼリーとおかゆ
      下痢1回
      タミフルを2回飲む

 他の家族は・・・喉の痛みと微熱が数時間出る

閉鎖4日目:朝起きると、微熱~平熱
      喉の痛みと咳は出るが、だるさはなくなり食欲も戻る
      いつも通り遊び始める
      ややハイテンション(やっぱりタミフル??解熱後、薬は飲んでません)
      
      熱が下がってから4日間は、寝るときや夜中に咳をしていて、
      喉も痛いようでした
      (解熱後、2~3日は感染の可能性があるそうで、
       学校は休みました)

 他の家族は・・・喉の痛みが少し残るが、平熱

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

つまり、これって

季節性のインフルエンザとそれほど変わらない??

今年に入ってから長男は2度季節性インフルエンザに
かかっているのですが(^^;)トホホ、今回の新型も、
症状&経過ともに季節性とかわりありませんでした

ミズ


さかんに報道されているので、
かかったらすごく大変な事になる?という
気持ちになってしまうかもしれませんが、
実際、かかってみると、「普通」でした
大騒ぎするほどの事じゃ無いな、というのが私の感想です
(大変な事になった方にしてみたら無責任発言ですが・・・)

もちろん、私の周りでも熱性痙攣をおこして入院となった子もいます
(退院して今は元気ですよ♪)
でも、多くがうちの長男同様の症状のようです
そして、うちの次男のようにウイルスにさらされても、
かからない子もいます(次男のクラスも半分以上休みで園閉鎖されました)
家の中では誰もマスクしてませんでしたし、
こまめに手洗いしてたわけでもありません(^_^;)

次男、普通の風邪は引くけど、季節性のインフルエンザも
今の所、かかった事がありません・・・謎(゚ペ)?


ちなみに今回の新型インフルエンザ、
かかった子供と一緒にいても大人はうつりにくいようです
我が家もそうでしたし、周りを見てもそうです
子供がかかったママ友も薬剤師さんにそう言われたそうです
(微熱が出たのは軽くかかってたのかもしれないけど・・・
 だとすれば、抗体ができてラッキーだわ♪)


すべての人に言える事ではないし、
素人がこんな事言ってはいけないのかもしれないけど、
(持病がある方などは別ですが、)
少なくとも今の時点(2009年秋時点)では、
それ程、恐れるほどの病気ではないように感じました
あくまで、個人的感想ですが

(もちろん、これから変異していって強い毒性を
持つことも考えられますが・・・)



だから今、報道の騒ぎ方を見ると、

「???」

なぜ、そこまで不安を煽りたいの?と思ってしまいます

踊らされる事なく、ちょっぴり冷静に情報を集め、
例えば、この記事に書いたような症状位なら耐えられるのかなど、
(ネットで調べるだけでも、どんな風になるのか色々出てきそう)
我が子をよく見て、自分の体の声をよく聞いて見るのも
不安解消の一つの方法かもしれません

●マミ~のブログに免疫学の権威である安保徹・新潟大学大学院教授の
興味深い記事が紹介されていました
マミ~のブログ記事→こちら


楽しく子育て♪一緒に学んでみませんか?
私が受講したチルドレン大学はこちらから→詳しく見る


↓あなたのポチッを励みにがんばりま~す♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
[新型インフルエンザ] ブログ村キーワード

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

  1. 2009/10/26(月) 09:44:08|
  2. 母のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

数学の「楽しみ」が奪われた瞬間

にほんブログ村 子育てブログへ

今から20年程前、私は受験生だった(年がばれる・・・(^^;))
続きを読む
  1. 2009/08/25(火) 10:40:48|
  2. 母のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知的好奇心不足かな?

にほんブログ村 子育てブログへ


この頃、長男がつまらなそうに見えていた
続きを読む

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

  1. 2009/08/03(月) 12:00:00|
  2. 母のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ボランティアで気づいた幸せ

にほんブログ村 子育てブログへ

小学校で読み聞かせボランティアと
図書修理ボランティアを始めました
そこから芽生えた気持ちを書きたいと思います
続きを読む

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

  1. 2009/06/24(水) 10:32:13|
  2. 母のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パソコン不調・・・(>_<)

にほんブログ村 子育てブログへ

こんにちは~(^^)/

春ですね♪

春なのに~♪(季節関係ないけど)
ここに来て、パソコンの調子が突然おかしい・・(涙)
続きを読む

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

  1. 2009/04/04(土) 14:49:14|
  2. 母のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

卒園式によせて(私の覚書き)

にほんブログ村 子育てブログへ

IMG_5044_convert_20090326083953.jpg

今日は自分の覚書き&これからのいましめとして
書いておきます(個人的なメモ??(^^;))

長男の卒園式で、園長先生から保護者へ贈られた言葉です
続きを読む

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

  1. 2009/03/26(木) 07:00:00|
  2. 母のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テレビ&テレビゲームの悪影響か !?

にほんブログ村 子育てブログへ

000415_convert_20090119095348.jpg


子供とテレビ、ビデオ、テレビゲームの
つきあい方についてもっとちゃんと考えなくては
いけないなぁと思うようになりました(今頃!)

そのきっかけは、長男が
「一人で寝床に行きたくない」
と言うようになったことです


続きを読む
  1. 2009/01/19(月) 12:00:00|
  2. 母のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

教育委員会 学力向上へ「提言」

にほんブログ村 子育てブログへ

2008年4月に実施された全国学力テストで
北海道内公立学校の正答率の全国順位は

小学校 46位
中学校 44位


この結果を受け、道教育委員会が
先日、各学校・市町村教委に対し示した提言


 北海道教育委員会が示した「六つの提言」

 ① 学ぶ楽しさを実感させる
 ② 授業以外の学習の機会や時間を確保する 
 ③ 子どものつまずきをフォローする
 ④ 学習と日常生活のつながりを意識する
 ⑤ 生活のリズムを整える
 ⑥ 地域住民の力を学習に生かす



これを読んで、まず思ったことは
「うれし~」でした

近道ではなくても、根本的で継続して学力向上を目指すなら

『① 学ぶ楽しさを実感させる』

これが王道だと思ったからです


現場の学校関係者にしてみたら、
「そんなのわかっている。もう実践している」
「そうしたくても、そのための時間が足りない」

などなど、色々な意見がありそうですが、
(ここで、これについて議論するつもりはありませんが・・)
親としては、長い目で見たら、目先の点数アップのために、
「学ぶ楽しさ」を感じる機会を失うよりも、
将来まで続く「学ぶ楽しさ」、「知る喜び」を
学校でも感じて欲しいなぁと思うのです

でも、これって、うちの子がまだ就学前だから
そう思うのかもしれない・・・
受験がせまっている、大きい子だったら?
「何を悠長な事言ってるのよ!」ってなるのかな??



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆


さて、次に思ったこと

「これって、学校への提言?
 もしかして保護者への提言では?」

特に、
 『④ 学習と日常生活のつながりを意識する』、
 『⑤ 生活のリズムを整える』


『生活のリズムを整える』って、家庭でどうにかする事じゃ・・?

①~⑥、どれも、多かれ少なかれ
家庭での教育が問われているような気がしました
(こういう提言って、学校を通して保護者へも提言される
 という流れがあるのでしょうか?)


疲弊している北海道経済
そんな中で、保護者も余裕が無い場合が多いと思います
それでも、今回のような提言を、学校だけではなく、
家庭でも実践していけたら、北海道の子供達の未来は
もっと、明るくなるのかも?と思ってしまいました


「学ぶ楽しさ」について、こちらもぜひ読んでね♪
↓マミ~の記事:「楽しく学ぶ」参考になりますよ☆☆
 遊びも学びもビビンバ♪
 幅広い豊かな教育

↓アロハさんの記事:勉強の楽しさについて♪
 私が勉強について思うこと

↓リョウさんの記事:「やる気のスイッチ」興味深いです!
 品川女子学院校長に学ぶ 能動的な人材の育て方


 ↓よろしかったら応援クリックお願いします♪
 にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ

私が受講しているチルドレン大学はこちらから→詳しく見る



  1. 2008/12/01(月) 12:00:00|
  2. 母のつぶやき
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

「ダメダメ!」の背後にあるものは?

にほんブログ村 子育てブログへ

前に、落ち葉のフトンのお話しで、
去年ならきっと「ダメ!汚れるよ~!」って
言ってただろうな、と書きました

その「ダメ!」の理由って、砂遊びや泥遊びの時も同じだけど、
後から洗濯が大変・・・とか、
服がダメになるぅ・・とか、
この後、でかけるのに・・・とか、実は
『私』の都合である事が多かったりします


例えば、こんな事も
IMG_3950_convert_20081102102838.jpg

階段横のななめの壁の上の板に登ってます
2人とも毎日必ず登ります(サル山か?)

以前は「ダメ!」って言って、登らせてませんでした
やらせてみたら、意外と大丈夫そうです
何度か痛い思いもしてるけど、大事には至ってません
気づいたら4歳児もスルスル上り下りして楽しんでます

他にも、子供がよくやりたがる台所仕事
子供にやらせたら、時間がかかる、汚れる
包丁使うときはけがをするかもしれない・・・
でも、やらせてみたら、だんだん上手くなって、
包丁で指を切っても、やりたい気持ちが強いから
ちっともへこたれません

危なそうな事、(私にとって)面倒な事になりそうな事
あと、私の心配を減らすため、
よく「ダメダメ!」って言ってました

それもこれも、多かれ少なかれ、
『私』の都合が背景にある場合が多かったように思います

★。、::。.::・'゜☆。.::・'゜★。、::。.::・'゜

ん~、私はどれだけ『私』の都合で
子供の楽しみ、可能性、学びのチャンスを逃してきたんだろう?
こんな計算をしてみました



 長男の場合、2才からの4年間毎日、 
 一日最低10回「ダメ」を言ったとして 

 365日 × 4年 × 10回 = 14600回 

     14600回!!


14600回も子供にやめさせたかった事って何?

もちろん、自分や人に命の危険がおよぶような事や
人を傷つけたり、不快な思いをさせる事はダメだと思う

でも、その他は?
「ダメ」な事じゃなく、学ぶチャンスでは?

「ダメ」って言うかわりに教える、
やってみて学ぶ、楽しむに替えてみては?

その「ダメ」は『私』のため?『子供』のため?


  おさなごの 歩みをはばむ 母のエゴ


おあとがよろしいようで・・・(^^;)


☆☆子育てのヒントがいっぱい☆☆
↓こちら、読んでみてくださいね♪
●「ダメダメ~」は学ばせるチャンス
●叱り方1,2,3マジック
●叱り方アドバンスバージョン

 秋の夜長、反省する母に、
 ↓よろしかったら応援クリックお願いします♪
 にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ

私が受講しているチルドレン大学はこちらから→詳しく見る


テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

  1. 2008/11/06(木) 12:00:00|
  2. 母のつぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。