近頃、育児が楽しいぞ♪

子育てにストレスを感じていた毎日。 ところが、最近育児が楽しくなってきた♪♪その秘密は・・・? ☆☆子供の能力を伸ばすには?賢い子に育てるには? チルドレン大学でお母さんが学んでま~す☆☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生きることは行動することだ

今日はただのつぶやきで~す


・*・*・*・*・*・*・*・*・*・


ここしばらく、私の中で繰り返し浮かぶ言葉


「生きることは行動することだ」


誰が言った言葉?
誰でしょう?天の声でしょうか?

10年程前、タイに一人旅をしたことがあります
thai_convert_20080919153002.jpg

観光バスに揺られながら、
暑い暑い熱気の中で働くタイの人々の
エネルギーを感じていたら、
突然、雷のように頭にふってきた言葉だったのです

それが、最近になって頭をよぎるのです

そんな折り、たまたま立ち寄った
みのる園長の『愛と勇気付けの子育てコラム』
こちらのブログでこんな言葉がありました

・考えているだけでは何も変わりません。
 まず、行動(体を動かす)することにより体験でき、結果も変わります。
 行動することにより、風が起こります。

・「できないからやらない」のではなく「やらないからできない」のですね。

・動けば風が起きる・・・。
 何かを変えたければ、動かないと変わりませんねぇ。
 まずは「動いてみる」事をお薦めします。




動けば風が起きる・・・



ただ、頭の中で考えているだけでは
何も動かない
何も変わらない


そんな事を考えていたら
ふと、心に流れたメロディー


(この歌の和訳は→ケンジのディランと英会話さんがわかりやすいです)

ボブ・ディランの "Blowin' in the wind"「風にふかれて」です
学生時代によく聞いていました
今聞くと、より深いわ~~

昔は、この歌のサビの

The answer, my friend, is blowing in the wind
The answer is blowing in the wind

"答えは風に吹かれている"というフレーズ
"答え"はそのうち待っていれば自然に向こうからやってくるもの
と思っていました・・・(^^;)・・・浅はか・・・

私はボブ・ディランやその歌に詳しくないので、
どういう意味が含まれているのかはわかりません
70年代という時代背景を考えると
例えば施政者達に対して、机上の論理を交わすより
外に出て現実を知って欲しいという
メッセージがあったかもしれません
(※ボブ・ディランさん、ファンの皆さん
  勝手な解釈をお許し下さい・・・)

そして、今の私が、この歌から(勝手に)受け取ったメッセージ


行動する事により、風が起こる

起こした風の中に答えがある



考えている時間も必要(様々な理由で考えるしかない時期もあるし・・)
でも、考えているだけで、充分生きていると言えるだろうか?
生きていると実感することができるだろうか?
生きることは行動すること


・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜★・。・。☆


ん~、なんで、この言葉が頭を離れないんだろう??
行動、実行、実践が足りない?・・・かな
考えてないで、まずは子供と遊ぼう~♪


 
  つぶやきにお付き合いいただきありがとうございます
 ↓よろしかったら応援ポチお願いします♪
 にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ

私が受講しているチルドレン大学はこちらから→詳しく見る


スポンサーサイト
  1. 2008/09/24(水) 12:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

心臓移植

私が受講中のチルドレン大学の仲間からの大事なお願いです

そのまま転記します

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私の友人の旦那さんがアメリカで心臓移植をしなければなりません。

洋輝さんを救う会
http://fight-hiroki.jp/default.aspx

洋輝さんのブログ
http://ameblo.jp/hirokisblog/

7月から募金活動を始めて、10月10日の渡航予定までに9500万円溜めなければなりません。
が、まだまだ目標金額には程遠く・・・

でも、だからと言ってあきらめたらそこで終わっちゃいますよね・・・
心臓移植をしなければならない洋輝さんはまだ27歳。
4歳と2歳のお子様がいますが、下の子が生まれて2ヶ月のときに倒れてから
ずっと入院したまま・・
家族との思い出はほとんど無いそうです。

それでも奥さんも明るく振舞っていて、お子さんもとてもひょうきんで。。

私は何としてでも心臓移植の手術を受けて元気になってもらいたいんです。
お願いします、皆様、ちょっとでも協力して頂ける方がいらっしゃいましたら
募金してください。
そして、お友達や知人など協力してくださる人を募っていただけると本当に嬉しいです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一昨年、私は病気をしました
幸い命にかかわるような大きなものではなく、
手術をしたらおしまいという「たいしたことない」ものでした

「たいしたことない」と言ったのはお医者さんです
でも、私はその後、様々な不安に襲われました

「また病気になったらどうしよう」
「すでに他の部分も病気になっていたら・・・」

そして、何より当時2才と4才だった子供達の事を思うと

「病気によって私がいなくなったら、この子達はどうなるんだろう?」

という事でした
この幼さで親を失ったら、と考えると何度も涙がでました

今、思うと、必要以上に不安にかられ、
悪い方に考えすぎていたのだとは思います
その頃の体や心の状態を振り返ると、
うつの入り口にいたのかもしれないと思います
そんな状態が1年位続きました


今回、洋輝さんのお話を聞き、
洋輝さんとご家族、そして支える周囲の方々が、
今どのような思いでいらっしゃるかと想像すると
わずかながらでも何かできる事があればしたいと思いました

洋輝さんとご家族を少しでも後押しできるよう
皆さんもご協力お願いします




  1. 2008/08/20(水) 09:28:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。