近頃、育児が楽しいぞ♪

子育てにストレスを感じていた毎日。 ところが、最近育児が楽しくなってきた♪♪その秘密は・・・? ☆☆子供の能力を伸ばすには?賢い子に育てるには? チルドレン大学でお母さんが学んでま~す☆☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

腐りにくい野菜

にほんブログ村 子育てブログへ

すっかりご無沙汰しております
私の住む街にも、やっと春が来た感じがする今日この頃です♪

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜


先日、農家さんの畑に知人が連れて行ってくれました
そこは無農薬で農業をされていて、
本業ではないけれど、ほうれん草を作ってるんですね


で、家族でほうれん草狩り(狩り?摘み?)をさせていただきました
訪れてすぐに、生えているほうれん草の葉を
ブチッとちぎり、手渡され


「食べてみて」


戸惑う夫

私や子供達は、前にそのほうれん草を頂いた時、
農薬は一切使って無く、土も安全だから、
「(土ついてても)生で食べられる」
と聞いていて、試した事があるので
早速ムシャムシャ試食

生で食べてもえぐみも無く、甘いんです
もう、時期が最後だから甘さが落ちてると言ってましたが、
まだまだ美味しく食べられました


☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜



その後、そこの農家さんのお話しを聞かせていただいてて、
心に残った話しがありました

そこのほうれん草は、味ももちろん甘くて美味しいのですが、
もう一つ、腐りにくい、悪くなりにくいという特徴もあるんです

前にそのほうれん草をいただいた時に、
「随分もつな」と感じていたので
不思議に思っていたのですが・・・

そこのほうれん草は、まず農薬や化学肥料などは使っておらず
(土壌菌や自然の物から作った肥料は使うそうです)
前の年の秋の終わり頃に種を蒔き、
その後はじっくりじっくりと冬を越しながら
少しずつ成長し(雪が降るのでハウスの中に蒔いているのですが)、
春になって、立派なほうれん草に育つのです

スーパーなどで売られている野菜は、
たいてい農薬や化学肥料が使われていますよね
それは、その野菜本来が持っている力で、
成長したのではなく、人間の作為によって、
大きく伸ばされた物だから、「力」が無いんだそうです
すぐに力尽きて、腐るのが早いんだそうです

でも、そこの農家さんのほうれん草は、
無理矢理大きくしたのではなく、
ほうれん草自体の伸びる力で伸びたから、
「力」があり、腐りにくいのだそうです



なんだか、ドキッとする話しでした



これって、人間の子どもの成長にも言えるのでは?



大人の作為によって、その子本来の自ら伸びる力を無視して、
その子なりの伸びるスピードを無視して、
大人の望む大きさに伸ばそうとしたら・・・

ほうれん草が、ほうれん草として100%の力を
出し切って成長する姿に、とっても考えさせられました




楽しく子育て♪一緒に学んでみませんか?
私が受講したチルドレン大学はこちらから→詳しく見る




↓あなたのポチッを励みにがんばりま~す♪
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:早期教育・幼児教育 - ジャンル:育児

  1. 2010/05/26(水) 10:00:00|
  2. 生き物・自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅葉の季節 ~なぜ葉っぱが赤くなるの?~

長男の夏休みも終わり、先週から二学期がスタートしました

北国の夏が終わろうとしています
空はもう雲が高く、もう秋なんだなぁと思う日が多くなりました
近所のナナカマドも赤く色づいてきました
気温も朝夕はさむ~い、ブルブル


秋と言えば・・・

緑色だった葉が黄色に色づく季節ですね

に・・・
黄色に・・・


・・・って、なぜ??

緑が赤や黄色になるって不思議
絵の具じゃムリだよね?


greenleaf_convert_20080824102715.jpg

夏、葉っぱは緑色
「葉緑素(クロロフィル)」という緑色の粒々が
葉っぱに入っていて光合成をしているから

秋~冬、
気温が下がり、太陽が出ている時間が短くなる
          ↓
          ↓
「光合成」に必要な「光」が足りなくなり
     「葉緑素」が壊れる
    
ここから、赤になるか黄色になるかは
しくみが違います



<赤になるしくみ>
秋になり、葉の付け根に「離層」というしきりができ
葉っぱに「でんぷん」がたまります
この「でんぷん」に日光が当たると「アントシアニン」に
変化し赤く見えます


momiji_convert_20080824094947.jpg

<黄色になるしくみ>
葉緑素が壊れるともともと含まれていた
黄色い粒「カロチン」が見えるようになり
黄色く見えます


ichou_convert_20080824095005.jpg


これからの季節、
色んな色に囲まれて感動を味わいたい
自然の営み・不思議を感じながら、
子供と一緒に色んな秋を楽しみたいな♪



↓あなたの応援を励みにがんばりま~す♪
 よろしかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ


参考
・秋になるとどうして木の葉の色が変わるの
・紅葉とは? ~どうして葉は緑から赤に変わるの?
・紅葉のしくみ-その観察と実験
光合成を化学式で見ると
・光合成ではどうやって二酸化炭素を酸素に変えているのですか?
  1. 2008/08/24(日) 06:29:32|
  2. 生き物・自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おばけえび

「おばけえび」って知ってますか?

我が家のおばけえびです↓孵化後1ヶ月の様子(体長約1センチ)

最初に出てきた、二匹がつながっているのは
交尾をしているところです


・*・*・*・*・*・*・*・*・*・


我が家では春から学研の「1年の科学」を購読しています
今回のおばけえびは7月号の実験キットです


卵を入れてすぐ↓ゴミが浮いてるみたい・・・
IMG_2213_convert_20080724115555.jpg

↓18時間後に孵化!!早っ!! w(゚o゚)w オオー!
IMG_2214_convert_20080724115645.jpg
体長0.5mmで、まだゴミにしか見えません
すごい数がいます


顕微鏡で見た孵化の映像↓




 「おばけえび」って何者?

 ・別名:ブラインシュリンプ、アルテミア、シーモンキー

 ・熱帯魚などの生餌として用いられる動物性プランクトン(餌だったの??)

 ・アメリカや中国の塩湖に住んでいる

 ・卵は乾燥卵として10年位生きていられる(塩水に入れると孵化)
 
 ・卵は塩水に入れると12~24時間で孵化(遅くても2~3日)
 
 ・卵は100度の暑さ、マイナス20度の寒さにも耐えられる

 ・孵化後20日位で体長1センチ位の大人になる




孵化して、数日は水槽内にウジャウジャといたエビ達
餌のスピルリナという藻を食べ、
(↑「スピルリナ」ってアイスキャンディー等に青色色素として使われてる)
1ヶ月たった今、大きいのは5匹、
成長途中(?)の小さいのが2~3匹となりました

それにしても、不思議な生き物
卵の保存能力には感心してしまいます

子供達は、飼っているエビ達が餌として
食べられる立場にあると知り、少しビックリ (゚ロ゚;)エェッ!?

「食物連鎖」というのだよ・・フッフッフッ( ̄∀ ̄*)

海にも森にも、その仕組みがあり
自分たちもその連鎖にあやかっている
小さな水槽の小さな生き物に
気づかせてもらいました


・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

私が受講しているチルドレン大学はこちらから→詳しく見る


  おばけえびって楽しいかも?というあなた!!
 ↓よろしかったらポチッとお願いします♪励みになります
 にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ

  1. 2008/07/23(水) 15:29:52|
  2. 生き物・自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。